CATEGORY

故事成語

「背水の陣」を考える

まずは、故事ことわざ辞典を引いてみます。 【読み】 はいすいのじん 【意味】 背水の陣とは、失敗すればもう後がないという、せっぱつまった立場で事に当たることのたとえ。 【背水の陣の解説】 【注釈】 川・湖・海などを背にして構えた陣立てを意味し、退却すれば水に溺れてしまうことから、一歩も退くことができないという状態で事に当たることをいう。 漢の功臣韓信が趙と戦ったとき、兵たちを敢えて山上の砦から下ろ […]

「青は藍より出でて藍より青し」を考える

まずは、故事ことわざ辞典を引いてみます。 青は藍より出でて藍より青し 【読み】 あおはあいよりいでてあいよりあおし 【意味】 青は藍より出でて藍より青しとは、弟子が師匠の学識や技量を越えることのたとえ。 【青は藍より出でて藍より青しの解説】 【注釈】 「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となる。 その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越える […]