海外ドラマ「シャーロック」シーズン5の制作は進行している?

 
スポンサーリンク

みんな大好きSHERLOCKですが、既にシーズン4まで見終わってしまった人はシーズン5が待ち遠しいのではないでしょうか?

僕自身もシーズン5が待ちきれない口で、日々新しい情報はないかとネットの海を航海しています。

いや、ここはシャーロック風にネットの街を散策していると言った方がいいのか…と、冗談はさておき。

今回、海外のサイトで興味深い記事を発見したので紹介してみることにします。

スポンサーリンク

シャーロック・シーズン5の制作は進んでいる?

情報のソースはcomicbookというサイト(※英語注意)から。

記事の大まかな内容はシーズン5がもしかすると予想しているより早く進んでるかも?と書かれています。

その根拠として登場したのが、Chris Georgiouという人物。
この人、ドラマのベイカーストリートに登場するアパートの持ち主なのだとか。

正確に言うとどうやらアパートの外観にあたる建物、Speedy’s Cafeを経営している人物なのだそうです。
(内観はセットだったんですね…いやそうだよね爆発したり銃で壁に穴開けたりしてるもんね…)

当然、キャストやスタッフと関わることも多い彼は、今や制作サイドに近い位置づけの人物であると記事では述べています。

この時点でちょっと胡散臭くなるんですが…笑

そのChris Georgiouが「再びシーズン5がやってくると聞いた」と語っているわけです。

しかしその情報を誰から聞いたのかは明かしていないという曖昧さ!

こんなの酔っ払いの願望かもしれないのに!笑

ていうか記事に貼られてる動画ってシーズン4のものじゃん!
こんなのファン怒っちゃうよ!

本当にシャーロック・シーズン5の制作は進行している…?

重要なことは本当の制作サイドからは何も出てきていないということです。

同記事にも書かれていましたが、制作の中核を担うスタッフはみんな別のお仕事で忙しいんです。
みんな大好きベネディクト・カンバーバッチだって最近はヒーロー活動に勤しんでいますもんね。

(こっちの記事も更新しなきゃ…)

ついでに。
ベネディクト・カンバーバッチファンの方には、現在FODでしか視聴できない若かりし頃の彼が主演のドラマもおすすめ。

さて、話を戻しますが、記事の最後にワトソン役であるマーティン・フリーマンの長々としたコメントがあります。
このコメントは日本でもファンの間では話題になったものなので、今さら感はあるのですが…。

まあ要するにちょっと休ませてくれって言ってるんですよね。

このコメントが出たのが2月のこと。
なのでそろそろ…と思って期待しながら新しい英語の記事をわざわざ読んでみたら結局これかよ!っていう肩透かしでした。

でもこういう記事が出るというのは、シャーロックが忘れられていない証拠です。
関係者を使ってコメントを出させるなら、もしかしたらシーズン5に向けた布石という可能性もあります。

だってせっかく続き出るのにファンに忘れられていたでは意味ないですからね。

というわけで、新しい情報ではありましたが、信憑性に欠ける情報ということでした笑

気長に待ちましょうかね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする