【原作小説】シャーロック・ホームズシリーズ読む順番まとめ!おすすめはこれ!

ドラマや映画でリメイクされて、今なお根強い人気を誇るシャーロック・ホームズシリーズ。

ホームズとワトソンの友情がアツい古典ミステリの傑作ですね。

スポンサーリンク

シャーロック・ホームズシリーズの読む順番

光文社や創元推理文庫などで新訳が出版されています。
シャーロキアンからしてみれば「タイトルが巻数だ!」と叫ぶようなところですが、これから読もうという人にとっては見ただけでは分かりませんよね笑

Amazonの出版順に読めばいいんでしょーという安直な考えも危険です。

特に光文社文庫はオリジナルの事件順に出版されていないのです…。

そのため事件順に読んでいると、訳は素晴らしいのに解説でネタバレを食らうという理不尽なことも起こってしまうので注意してください。

順番は以下のとおりになっています。この順に読むのがやっぱりおすすめ。

そして翻訳は、なんだかんだ言って日暮雅通先生の光文社文庫の新訳版が読みやすくておすすめです。

1.緋色の研究

2.四つの署名

3.シャーロック・ホームズの冒険

4.シャーロック・ホームズの回想

5.バスカヴィルの犬

6.シャーロック・ホームズの生還

7.恐怖の谷

8.シャーロック・ホームズ最後の挨拶

9.シャーロック・ホームズの事件簿

一番最初っぽいやつがラストなので、シャーロックに憧れて本屋を冒険中の子供がうっかり買ってしまわないか心配ですね。

ちなみに中学時代の私は『シャーロック・ホームズの冒険』(新潮文庫だったかな)を最初に買いましたが、母親に一巻じゃないことを指摘され、腹いせに『不思議の国のアリス』を買った覚えがあります。
…確か、安かったんです。

シャーロック・ホームズシリーズのおすすめ

おすすめはどれか?

9冊しかないので全部読んでくださいよ!笑

やっぱり緋色の研究から順番に読むのがいいと思いますよ。

ちなみにシャーロック・ホームズは派生作品が数多く存在しています。
原作オリジナルは上記の作品になるはずなので、まずはシリーズ全巻読破してしまいましょう!

ドラマ『SHERLOCK』はご存じ?

ところで、海外ドラマの『SHERLOCK』という作品があるのをご存じでしょうか?

イギリスのBBC製作のドラマなのですが、これが日本のみならず全世界で熱烈大ヒットしていて、原作のシャーロックファンを唸らせるような出来になっているのです。

一目見て映画のようなクオリティだということに気づくでしょう!
このドラマは「もしもシャーロックのいる世界が現代だったら」というコンセプトの下に作られています。

なので、原作未読の方には同じ話ではないのでネタバレになることはありませんし、ファンの方にはにやりとできる場面があるかもしれません。

現在シーズン1~シーズン4まで放送済み。
1シーズン3話というさくっと見やすい話数なので、ぜひ誰にでもおすすめしたいシリーズです。

動画配信サイトの初月無料期間などを利用すれば、お金をかけずに全話視聴可能なので時間のあるときにまとめて視聴がおすすめです!

どうせ初月は無料なので『SHERLOCK』を扱っていればどこでもいいのですが、個人的にはFOD(フジテレビオンデマンド)のFODプレミアムを紹介しておきます。

フジテレビ運営の国産動画配信サイトですが、未だに知名度が低いのでユーザーが少ないのかサーバーが軽いらしく動作が軽快です。
また他の配信サイトと違ってサイト自体もすごく軽いのが好印象。

ホームズ役のカンバーバッチの演技もまた素晴らしいのでぜひ字幕で見てほしいのですが、吹き替えで見たい!という方には、残念ながらFODには吹き替え版がありません。

吹き替え版が見たいという方は、huluを利用するといいでしょう。

どちらのサービスも最初の30日の間に見終わって解約すれば料金が発生いたしません!

ですが、万が一見終わらなかったり解約し忘れちゃった時のためにも、FODはhuluの933円より若干安い月額888円なのでうっかりしていた時の保険のためにもおすすめです笑

ちなみに今のところシーズン4を配信しているサイトはありませんので、シーズン4に関しては配信されるまで我慢しましょう…。

ホームズ役のベネディクト・カンバーバッチの出演作についてもまとめています。


サムネ出典

ミステリシリーズ読む順番まとめ

シリーズの読む順番をこちらの記事でまとめています。