『あなたの番です』が番外編・特別編含めてめちゃくちゃ面白いから見て

ドラマ『あなたの番です』がめちゃくちゃ面白いので本気でおすすめしたいです。
原案・企画が秋元康という時点で好きな人は間違いなく好きな作品ですね。

私は特に先入観なく視聴したのですが、見事にハマってしまい仕事をしながらも1週間で一気に見終わってしまいました

寝不足です。

とにかく面白いポイントをガンガン紹介していきます。

『あなたの番です』はただのミステリやサスペンスではない

一話ごとに目が離せない怒濤の展開が繰り返される『あなたの番です』は、ご存知の通りとあるマンションで交換殺人ゲームを始めるというお話です。

これはバトロワものやデスゲーム藤原竜也もののように強制的に参加させられるものではないという点がポイントですね。

住民たちが自発的にゲームを始めます

ただし、その始まりは冗談のようなノリでした。
普段やっている人狼ゲームに飽きていて代わりの遊びを探すような流れで始まりました。

…だったはずなのに、殺人事件が実際に起こってしまい、ゲームを再現するかのように殺人を促されます。

いったい誰が殺人を始め、ゲームの参加者に殺人を促しているのか。
黒幕は、犯人は……。

と、ミステリ的展開ばかりに目が行きがちなドラマですが、実はそれだけじゃないんですよね。

『あなたの番です』を見るときは人間ドラマにも注目

ぜひ注目してほしいのが人間ドラマです。

普通のミステリやサスペンス…特に何人も死ぬようなドラマでは、一人死んだら「はい、次」みたいにテンポ良く怒濤の展開を見せるものですが、『あなたの番です』はかなりドラマに時間を割きます。

誰かが死んだら、誰かが悲しむ

そんなリアルでは当たり前のことが、当たり前のように時間を割いて描かれます。

そしてそれがキャラクターの行動動機になり、次の展開に繋がっていきます。

なので、ぶっ飛んだキャラクターが多く登場するドラマではあるのですが、どこかしら共感できるところがあるので、目が離せないのはミステリ的な展開だけではないのです。

『あなたの番です』はキャラクター全員気持ち悪い

このドラマ、まともな人間があまりにも少ないです。
一人として被るキャラクターがいない。

そんな個性的なキャラクターはみんなどこかしら気持ち悪い特徴を持っています。

中には「気持ち悪い」は言い過ぎな登場人物もいますが、まあ気持ち悪いでいいでしょう。

その傾向が顕著なのが、番外編である『扉の向こう』ですね。

番外編の『扉の向こう』は絶対見るべき

『あなたの番です』を既に見ていてハマった人は、絶対に『扉の向こう』を見ましょう。

本編で既に気持ち悪かったキャラクターが輪を掛けて気持ち悪いです!

たとえば整形外科医の藤井淳志。
特にネタバレにならない範囲で説明するのですが、本編に出てきた壁に掛かっていた女性の肖像画を覚えていますか。

初恋の女性かな?亡くなった元カノかな?とか色々推測しながら視聴していたものの本編では解決されず、あれ?と思っていました。

それが番外編の『扉の向こう』で解決します。

その真相が……とにかく気持ち悪い!笑

ネタバレをしてもいいのですが、これはネタバレしたところで気持ち悪さを完全にお伝えすることができないので、ぜひ見ていただきたいですね。

例の看護師との会話もあるので、あの二人のファンになった方ならより楽しめると思います。

ちなみに『扉の向こう』は、huluオリジナルの番外編なので、huluでしか見ることができないのが残念ですね。
登録している方、または登録していない方でも最初の30日間が無料なので、その間に見るといいのではないかと思います!

もちろん本編もhuluで見ることができます。

浮田家の話は泣けますよ。

『あなたの番です』には番外編『扉の向こう』と特別編がある

現在、『あなたの番です』には三種類のエピソードがあります。

  • あなたの番です・あなたの番です反撃編
  • 番外編「扉の向こう」
  • あなたの番です 特別編

先に言っておきます。

本編を見る前に絶対に「特別編」の内容を調べないでください。

あらすじにめちゃくちゃ重要なネタバレを含んでいます。
そもそも先のエピソードのあらすじにはうんざりするほどのネタバレが含まれるので注意してくださいね。

ちなみに「反撃編」というものを耳にしている人がいると思うのですが、これは本編と同じなので気にしなくても大丈夫です。
本編の〇話以降が「反撃編」と位置づけられているだけなので、「反撃編1話」みたいなものはありませんし、間違って反撃編から見ちゃった!という事態にはならないはずです。

これを踏まえてどんな順番で見ればいいのかを紹介していきましょう。

『あなたの番です』を見るおすすめの順番

パターン1:リアルタイム視聴を再現する

1.まずは本編の1話と2話を見る。

2.「扉の向こう」の1話を見る。

3.本編3話を見る。

4.「扉の向こう」の2話を見る。

5.本編4話を見る。

6.以後、本編1話見るごとに「扉の向こう」も1話見ていく。

7.本編10話視聴後、11話を見る前に「特別編」を見る。

8.以後、本編と扉の向こうを交互に見る。

番外編の扉の向こうは本編に対応していて、元々本編が1話放送終了するごとに番外編として1話ずつ更新・配信されていました。

特別編は10話と11話の間に放送されていたもので、実質10.5話という位置づけでいいと思います。

このパターンはリアルタイムで視聴していた人に限りなく近いパターンです。

ただし一つ注意点があります。
「扉の向こう」のサムネイルで先の展開が分かってしまいます

「扉の向こう」がどういう法則でどこの「扉」の向こうを覗いているのかは恐らくすぐに分かります。
そのため次の話のサムネイルが目に入ってしまうと、「あ、次はあの人の番か」と勘づいてしまう人は少なくないと思うので、もしも視聴する際は頑張って次のエピソードから目を背けることをおすすめします。

パターン2:番外編・特別編は後回し!

1.「あなたの番です」の本編を一気見!

2.「扉の向こう」を一気見!

3.「あなたの番です」特別編を一気見!

※2と3は順不同

本編を一気に見た後に番外編「扉の向こう」と特別編を視聴しまおうという一番シンプルなやり方です。

huluで見ることができるのですが、huluに登録している人は視聴後に次のエピソードに自動で移ってくれる機能があることをご存知ですね?

『あなたの番です』の場合は、この自動遷移はもちろんパターン1に対応しておらず、一気見の方に対応しています。
そのため本編なら本編でどんどん自動遷移していくので、見終わる度にいちいち止めるのがめんどくさいという人にはこちらのパターン2がおすすめですね。

結論:特別編さえ先に見なければどっちでもOK

要するに本編を先に見るならどんな見方をしても大丈夫ということです。

結局、番外編の「扉の向こう」がどういう位置づけになるのかというと、本編に登場した個性的なキャラクターをさらに個性的に掘り下げるための番外編だということなんです。

そのため話題になってるから話の種にしようとか創作活動しているから勉強したいだけだしという人は、番外編も特別編も見なくて大丈夫です。
ただし『あなたの番です』の本編にハマった人は、絶対に両方見ることをおすすめしますけどね!

とにかく先ほど10.5話に位置づけられると言った特別編を10話より前に見なければ何でもOK。

あまり言い過ぎると楽しみを削いでしまうので、私から言えることは、

とにかく何でもいいから『あなたの番です』見て!

ということです笑

『あなたの番です』は本編・特別編・番外編含めてすべてhuluで見ることができます。
特に番外編全20話はhulu限定の配信ストーリーなので注意してください。

登録していない人でも最初の30日間は無料なので、一気に見てしまいましょう!
大丈夫です。私は仕事しながらも1週間で一気に見終わりました。