「良薬は口に苦し」は言葉通りの意味じゃないって知ってた?

「体にいいものほど苦い」みたいな意味で使っている人いません?

まあ言葉通り取れば確かにその通りなのですが、本当の意味って実は違うんですよ。

スポンサーリンク

「良薬は口に苦し」の意味とは

人からの忠告や言動をいさめる言葉は聞いて気持ち良いものではないが、自分自身のためにはなる。

もの凄く故事成語っぽい!

薬の苦さでさえも人の行いに結びつけちゃうのがまさに故事成語。
教訓的ですね。

意味・解説ともこちらから引用しています。

「良薬は口に苦し」の由来

出典は『韓非子』外儲編『孔子家語』六本にある言葉です。

法家の代表的人物韓非の言行を伝える『韓非子』には「夫れ良薬は口に苦し(病に能く効く薬は、苦くて飲みにくいものである)。而るに智者の勧めて之を飲むは、其の入りて己の病を已むるを知ればなり(しかしながら、智恵ある者が苦い薬を飲むのは、薬が体内に入り病を癒やすことを知っているからである)。忠言は耳に払らふ(人からの忠告や言動をいさめる言葉は聞いて気持ち良いものではない)。而るに明主の之を聴くのは、其の功を致すべきを知ればなり(しかしながら立派な君主が忠言を聴くのは、政治を行うのに役立つことを知っているからである)」とあり、『孔子家語』では「孔子曰はく、良薬は口に苦くして、病に利あり、忠言は耳に逆らひて、行ひに利あり」とある。

要は故事成語にありがちな、君主を諫めるためにたとえを出して進言するようなパターンでしょうか。

いつも思うんですけど、こういうのって直接言っちゃだめなんですかね?

そんな元も子もないことを言ってしまいますが…。

大昔の薬はきっと苦いものばかりだったから、こんな言葉が生まれたのでしょう。
今は飲み薬だけでもないですし、決して苦い薬だけでもないおかげで、この言葉の独自性に繋がっているような気もしますね。

「良薬は口に苦し」を考えてみる

人生において人はこの「良薬」を飲み続けて成長しているのです。

もう薬漬けです。

それも故事成語に倣えば苦い薬でなくてはいけない。

親や先生など、子どもの頃には「良薬」をくれる人はたくさんいました。
ところが大人になってみると分かるのです。

親も先生もそこらの説教してくる大人も、本当に「良薬」をくれる人は極少数なのだ、と。
それはあるいは、成長したからそう思えるのかもしれませんが、人は歳を重ねるごとに様々な経験をしていきます。

義務教育までは確かに子どもたちは似たような道を歩むかもしれない。
ですが、その後はもう完全なる個として人にはない経験を得ていきます。

そうした情報の集積が一人の人間を作り上げているわけです。
そのような個性が、自ら考え将来を見据えて行動すれば、考え方の基準が生まれるものです。

基準は人それぞれ違うもの。

たとえば僕に「サラリーマンとして働かないなんて社会人として間違っている」という押し付けられた「良薬」は、ただの毒にしかなりません。

僕にとってその言葉に従うことは、「逃げ」であり「楽をすること」であり、吐きそうなほど甘ったるい甘言なんですね。
人が「安定」と呼ぶそれは僕の価値基準に照らし合わせると、安定ではなく「停滞」になります。

そんな生き方を僕はしたくないです。
変化を求めているし、挑戦をし続けたいのです。

つまり、味覚は人それぞれだってことです。

何も考えずに「良薬は口に苦し」と鵜呑みにしてしまうのは危険ですね。

まずは自分の味覚を自覚しなければいけません。

その上で本当に苦いものは何なのか。
「良薬」は何なのか、見極められるようにならなければいけません。

僕もまだまだ勉強しなければ。