成功者予備軍のあいつの後ろで思わず呟きたくなる10の名言

神様の法則には、時効なんてものはないからな 『ジーキル博士とハイド氏』

まずは、有名な『ジーキル博士とハイド氏』から!

時効なんていう人間が作った概念は、目に見えないものの前では意味がないのです。
神様の法則なんていう大層なものでなくとも、たとえば人の記憶は?

人の恨みを買うようなことはやめましょうね!

でも、「不幸」たちは「幸福」の花園のすぐ隣に住んでいてね 『青い鳥』

たとえ今あなたが幸福だとしても…どんな拍子に不幸が顔を出すかわかりませんよ!

他人の不幸を願おうというわけではありません。

幸福の隣に不幸があるように、不幸の隣にも幸福はあります。

足もとに注意しながら歩いて、たとえ不幸の枯れ野に入っても即座に幸福の花園に戻れるように注意しましょうね、ってことです。

明暗は表裏の如く、日のあたる所には屹度影がさす 『草枕』

こちらも同じ事を言っていますね!

お日様だってずっと照ってるわけではないのですよ。
いざという時のために準備は怠らないようにしましょう。

禍は敵を軽んずるより大なるは莫(な)し 『老子』

自分がどんな相手とどんなステージで戦っているかを把握するのは、非常に大切なことです!

最大の敵は、自分の中にある「相手を軽んじる心」ってやるですね。
そんなもの真っ先に潰しておかなければいけませんよ。

明白な事実ほど、あやまられやすいものはないよ 『シャーロック・ホームズの冒険』

たとえば成功者は「自分はこうして成功しました」と言います。
それをそっくりそのまま信じることは、ほとんど意味がありません。

だってそれなら、世の中には成功者しかいないはずでしょ?

成功者が辿る道はその人自身のもので、あなたには別の道があるわけです。

「経験談」という明白な事実だからこそ、鵜呑みにするのは控えたいですね!

相手の慣習や動機を、つい自分たちのそれらで評価しがちであり、それも、とかく思い違いしがちである 『日本人の微笑』

これは小泉八雲の名言です。
実は小泉八雲って、元々ギリシャ生まれでパトリック・ラフカディオ・ハーンっていう名前だったって知ってました?笑

それで後世にも残るほどの『怪談』を残しているなんてすごいことですよ。
生粋の民俗学者ですね。

そんな小泉八雲の言葉だからこそ、説得力がありますよね。

「相手を自分の定規で測ると思い違いが起こる」

相手を理解するのは自分の見識を広げる第一歩ですよ。

ものごとは慣れてしまうと、ついにはもう、滑稽なことでもなんでもなくなってしまう 『にんじん』

ブログを始めた時にはほんの1アクセスにも喜んだものです…(今もそれくらいアクセス少ないです)

これに慣れてくると「あーはいはいありがとね」となりがちですが、初心を忘れずにいることはモチベーションを保つ上でも大切でしょう。

成果が出て来るほど調子に乗ってそういうところは適当になりがち。

精神を摩耗させないように気をつけましょうね。

自分で自分の鼻の高さが分らないと同じ様に、自己の何者かは中々見当がつき悪(に)くい 『吾輩は猫である』

自己分析は常にしていきましょう!

前進する人はどこかのモンスター上司とは違って、日々変わっていくものです。
自己分析も自己評価も更新していかなければいけません。

ただ、自分だけでは主観的になりすぎて、うまく評価できないもの。

他人の意見に耳を傾けなければいけませんね。

かたくなに閉じているその耳の砦を開いてくれ 『ハムレット』

はい、耳を傾けることは大事なんです。

「俺は成功しているから」と人を見下す「成功者予備軍のあいつ(不特定多数の概念上の存在)」に言ってやりましょう!

謙虚に生きることが大事です。
相手が子どもだろうが初心者だろうが、自分とは違う人間なのだから、あなたが思いつきもしないような発想を持っているかもしれませんよ。

人間は努力しなければならない。誰だって額に汗して働かなければね。そこにこそ、人生の意義も目的も、その幸福もその悦びや感激も、のこらずあるのよ 『三人姉妹』

最後はこの言葉。
チェーホフの『三人姉妹』より。

努力をし続ける。それが人間というものです。

そして努力をし続けることでこそ、「人生の意義・目的・幸福・悦び・感激」すべてが手に入るとチェーホフは言っているんですね!

アメリカの文豪、ジョン・スタインベックも『エデンの東』という箱にすべてを詰めたと言っています。
読書をして自分とはまったく違う人間の思考を辿ることも一つの努力ですね。

以上、『成功者予備軍のあいつの後ろで思わず呟きたくなる10の名言』でした。

「あいつ」の後ろで呟いている間に自分も戒められてしまいますね!

名言の選出は『ビジネスに使える「文学の言葉」』を参考にしています。

さて、総括すると、何事にも「謙虚さ」が大事。
初心を忘れてはいけない、ということでしょうか。

努力の道は長く険しいもの。
ずっと続いていくものです。
それこそ、あなたの人生の最初から最後まで。

初心者も成功者予備軍も成功者も、たかだか数年の違いかもしれないじゃないですか。
あなたにできないわけがありません。

そして、あなたの後ろにも、虎視眈々とあなたを追い抜こうと準備している成功者予備群がいるかもしれませんよ。

サムネ出典http://www.nicovideo.jp/watch/sm16534155