「青は藍より出でて藍より青し」を考える

まずは、故事ことわざ辞典を引いてみます。

青は藍より出でて藍より青し
【読み】 あおはあいよりいでてあいよりあおし
【意味】 青は藍より出でて藍より青しとは、弟子が師匠の学識や技量を越えることのたとえ。
【青は藍より出でて藍より青しの解説】
【注釈】 「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となる。
その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越えるという意のことわざ。
荀子の言葉で、学問や努力により持って生まれた資質を越えることができるということ。
「青は藍より出でて、藍より青し。氷は水これをなして、水より寒し」に基づく。
【出典】 『荀子』
【注意】 -
【類義】 氷は水より出でて水より寒し/出藍の誉れ

スポンサーリンク

意味

青は藍より出でて藍より青しとは、弟子が師匠の学識や技量を越えることのたとえ。

由来

『荀子』の勧学に載っているものが由来になるそうです。

三省堂ワードワイズ・ウェブには以下のようにあります。

原文

君子曰、学不レ可二以已一。青取二之於藍一、而青二於藍一。冰水為レ之、而寒二於水一。
〔君子曰(いわ)く、学は以(もつ)って已(や)むべからず。青はこれを藍(あい)より取りて、藍よりも青し。冰(こおり)は水これを為(な)して、水よりも寒(つめ)たし〕

訳文

君子がいった。「学問は中途でやめてはいけない。青という色は藍(あい)という草から取るが、その色は元になっている藍よりもいっそう鮮やかな青色になる。氷は水が元になってできるが、いったん氷になると、水よりももっと冷たい。

ちょっと考えてみる

藍より青しの後に「氷は水これをなして、水より寒し」があるのは知りませんでしたね。

ほとんど同じ意味でも前者だけ有名になっているのは、ある種当然なのかもしれません。

「氷は水が元になってできるが、いったん氷になると、水よりももっと冷たい」って正直なにを言っているんだって思いますもんね。

ともあれ前者も藍からとった青がより鮮やかかどうかってかなり主観的な部分ですし、微妙な感はありますが、言葉としてはおしゃれでかっこいいです。

いやまあ、表現上の問題は今と昔もそうだし国も文化も言葉も全然違うのでどうでもいいことですね。

大事なのは本質です。

「学問は中途でやめてはいけない」

素晴らしい警句です。

学問に限らず中途でやめたものは、材料の藍のままなんですよ。
弟子が師を越えるためには、やめずにやり続けなければいけない。
そうすることで、初めて言える。

青は藍より出でて藍より青し。

現代にも通じる普遍的な考え方だと思います。
努力を続けることで成功するかどうかは保証されていませんが、成功した人は必ず努力をしているものですからね。

藍のままなのか、青になるのかはあなた次第ってことです。

ところで個人的なイメージですが、故事成語って、
①こんな愚かなやつがいて
②こんなことをやらかして
③結果こんな不憫なことになりました
④これを教訓として~と言うようになりました
⑤ざまあみろ!

みたいな話ばかりのイメージだったわけですが、なんかきれいなジャイアンを見せられたような気分ですね。

というわけで、本日はきれいなジャイアン青は藍より出でて藍より青しでした。